なぜ佐久間製菓は廃業する?気になる理由やサクマ製菓との違いを調査

スポンサーリンク
気になる情報
この記事は約3分で読めます。

ジブリ作品『火垂るの墓』でもお馴染みのサクマ式ドロップス。

この製造している佐久間製菓が廃業するとニュースになりましたね。

なぜ佐久間製菓は廃業することになってしまったのか、また廃業してしまう佐久間製菓(サクマ式ドロップス)とサクマ製菓(サクマドロップス)の違いについて調査してみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ佐久間製菓は廃業するの?

佐久間製菓といえば、赤い缶のサクマ式ドロップスですよね。

昔から愛され続けてきた菓子メーカーが廃業してしまうのは悲しいですね。

廃業の理由としては、新型コロナの影響が大きいようです。

販売減少や原材料・エネルギー価格の高騰、人員確保の問題などが主な原因になった発表されています。

佐久間製菓はいつまで?

佐久間製菓は2023年1月20日で廃業となります。

それに伴い、サクマ式ドロップスの製造は2022年12月16日までとのこと。

すでにネット上では、サクマ式ドロップスの高額転売も行われているようです。

サクマ式ドロップスはどうなる?

サクマ式ドロップスは佐久間製菓の商品ですが、実は商標をめぐってサクマ製菓と裁判をした過去があります。

その結果、「サクマ式ドロップス」の商標権を両者が持つことになりました。

つまり、佐久間製菓が廃業してしまっても共同商標を持っているサクマ製菓によって「サクマ式ドロップス」が復活する可能性は十分にあるのです。

スポンサーリンク

佐久間製菓とサクマ製菓の違いは?

ここで簡単に佐久間製菓とサクマ製菓の違いについて紹介していきますね。

佐久間製菓サクマ製菓
所在地豊島区目黒区
缶の色と商品名赤缶のサクマ式ドロップス緑缶のサクマドロップス
ドロップスの味グレープ味、チョコ味があるメロン味、スモモ味がある
有名なものジブリ作品『火垂るの墓』いちごミルク
佐久間製菓とサクマ製菓の違いについて

佐久間製菓とサクマ製菓はもともと同じ会社だったのですが、戦争の影響により倒産してしまいました。

その後、関係者がそれぞれの会社を作ったことで、佐久間製菓とサクマ製菓の2つの会社が誕生したようです。

スポンサーリンク

まとめ

なぜ佐久間製菓が廃業するのか、その理由とともに佐久間製菓とサクマ製菓の違いについても紹介してきました。

長年親しんだ赤缶のサクマ式ドロップスがなくなってしまうのは非常に残念です。

しかし、共同商標を持っているサクマ製菓によって復活する可能性が残っているのは、ファンとしては嬉しいことですね。

サクマ製菓には、佐久間製菓の分も長く頑張ってほしいと応援しています!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
気になる情報
プロフィール
ABOUT ME

子どもが3人いて、フルタイムで看護師は忙しすぎる!
家族といる時間が少なすぎて、転職考え中。
転職したいから家計の見直しや節約についても勉強中。
忙しすぎるから時短家電や宅配食材も使ってみたい。
やりたいことはたくさんあるけど忙しすぎる3人の子持ちママ看護師の実際を大公開中。

にゃこをフォローする
にゃこをフォローする
スポンサーリンク
ママ看護師にゃこのワクワク帳

コメント

タイトルとURLをコピーしました